MENU

シャンプーのコツを知って今よりも美髪になりたい!

美髪の秘訣は毎日のシャンプーにあり!

 

せっかくシャンプーしていても、そのやり方を間違ってしまっていては台無しです。

 

シャンプーの効能を最大限に実感できる正しいシャンプーのやりかたをいつもお願いしている美容師さんに教えてもらいました^ ^

 

 

 

まずはシャンプーする前の髪が乾いている状態でブラッシングをします。その結果、髪のもつれをほどき、ほこりや皮脂を浮かせて落としやすくすることができます。

 

オススメは、猪毛髪や豚毛髪などの動物性の毛髪を使用しているブラシだそうです。ツゲなどの木による商品も良いですね。

 

これたの天然の油分が髪を保護して、静電気を防ぎながらブラッシングができます。

 

反対に、プラスティックやナイロンブラシは静電気が起き易く、髪を傷めてしまうので避けた方が良いとのことでした。

 

 

 

シャンプーの際、はじめにぬるま湯で地肌まで濡らします。

 

シャンプー前にぬるま湯ですすぎを丁寧に行うことで、髪の汚れ8割ほどは落ちてしまうと言います。

 

爪を立てないよう、指の腹で地肌までしっかりと指を入れ、地肌全体にぬるま湯をしっかりと行き渡らせます。

 

 

 

手に適量のシャンプーをとり、もっちりとした泡がたくさんできるまで泡立てます。

 

プロのシャンプーと私たち素人のシャンプーの最大の違いは「泡」!プロの美容師は、どんなシャンプーを使っても細く弾力のある泡を作ることができるんだそうです。

 

こういう泡立てのテクニックを一年中ご自宅で再現するのはしんどいので、誰でも巧みのプクプク泡が作れる『守り髪』を毎日のヘアーお手伝いに効果的に吸い込みましょう。

 

 

 

指の腹でスカルプをもみ解すように、敢然と洗い流します。

 

回洗顔をする場合は、1回まぶたはシャンプーを弱く泡立てるクラスとしてすすぎましょう。2回まぶたで思う存分地肌を洗う感覚で。

 

シャンプーしながらスカルプマッサージをすることによって血行が促進され、キレイな髪をはぐくむイロハが整っていきます。

 

スカルプって肌はつながっているので、意識のコリを解すマッサージで、肌色もすっと明るくなる有難い効能も!

 

 

 

たっぷりのお湯でシャンプーをとっくり洗い流しましょう。

 

すすぎは、洗うチャンスの倍を目安にするのが核心。
シャンプーをつけて1パイほどスカルプを洗ったら、2パイ上記敢然と落とします。

 

 

トリートメント適量を掌に取り、毛髪会社を中心にそれほどなじませます。
スカルプにトリートメントがつかないようにし、専ら3〜5パイクラス置きます。

 

トリートメントの普及効能を再び上げるなら、蒸し手ぬぐいを頭に巻いて構成するのも推奨。

 

 

 

地肌にトリートメントが残らないよう、地肌から敢然とすすぎます。

 

 

 

一気に手ぬぐいで湿気を取り去り、振り数量の強いドライヤーで丸ごと乾かします。
髪が厚い根元から敢然と振りを入れ、完全に干すのがヒント。

 

ドライヤーで干すときのポイントは「振り数量」だ。
気温は小さ目で振り数量が激しいドライヤーをつぎ込み、丸ごと干すことが美容髪につながります。

 

シャンプーは毎日のようにやるものだけに、間違った方法で続けていると、知らず知らずのうちに髪を傷めてしまうかも…?

 

美容師直伝の規則正しいシャンプー施術とちょっとしたヒントを押さえて、良い髪を育てましょう。

 

こういうシャンプー法で、シャンプーの効能を日増しに実感できますよ